モバイルアプリ開発のトレンド調査

株式会社LINEの記事から、LINEのサービスで使用している技術情報をチェック。

・クライアントサイドは、iOSはswift。Androidはcotlinが基本線。状況に応じてflutterを使用。
・flutterとは、ワンソースで複数のプラットフォーム(iOS、Android、Web等)に対応したアプリを開発できるフレームワーク。
・サーバサイドは、Java→Kotlinに徐々に移行中。フレームワークはSpring Boot。
・その他ツールとして、GitHub、Slack、Jira(redmineみたいなチケットツール)を利用。