無線LANの規格

ネットワークの学習をしたので、2021年12月時点でどの規格が一番利用されているのかを確認した。
規格は6個。一番使用されている規格は、『11ac』という規格だった。

無線LANの通信規格

通信規格
(通信プロトコル)
最大通信
速度
周波数帯説明
IEEE 802.11a54Mbps5GHz・1999年に策定。
・対応機器が少なく障害物にも弱い。11bの方が普及した。
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz・1999年に策定。
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz・2003年6月に策定
・IEEE 802.11bと互換性あり。
・通信速度は最大54Mbpsまで向上。
IEEE 802.11n
(Wi-Fi 第4世代)
600Mbps2.4GHz/5GHz・2009年9月に策定
・新技術をもとに通信速度を大きく向上させた通信規格。

 MIMO(Multiple Input Multiple Output)
 →複数のアンテナを同時使用でデータ送受信量を増加させる技術
 チャネルボンディング
 →複数の帯域を統合して通信速度を向上させる技術

関係ないけど…
 自分のノートPCのWifiは、11n だった。
 速度は、たったの30Mbps しか出ていない …
IEEE 802.11ac
(Wi-Fi  第5世代)
6.9Gbps5GHz・2013年12月に策定
・「ビームフォーミング」と呼ばれる技術が標準化。
・電波干渉を減らし、安定的な通信が可能となった。

※2021年時点では、この11acが一番利用されている。
IEEE 802.11ax
(Wi-Fi  第6世代)
9.6Gbps2.4GHz/5GHz・2021年2月に策定
・理論値は、11acの1.4倍向上だが、実効速度が大幅に改善。
・多数の電波が混み合う環境でも、安定した通信が可能。
・スマホやパソコンなどの端末側の消費電力を低減できる。

通信規格と一緒に「周波数」も覚えておくとよい。

周波数

周波数帯使用機器メリットデメリット
2.4 GHz・電子レンジ/IHクッキングヒーター
・コードレス固定電話
・ワイヤレスヘッドホン
・Bluetooth機器 など
・壁などの障害物があっても接続状態が安定する・5GHzと比べると最大通信速度が遅い
・家電が発する電磁波との干渉が起きやすい
5 GHzWifi以外ではほとんど使用されていない。・最大通信速度が2.4GHzより速い
・家電が発する電磁波との干渉が起こらない
・壁などの障害物に弱い

自宅のインターネット速度を1G bps上げるポイント

光回線の速度が最大1G bps程度が多いので、Wi-Fi側もそれに近づける。
「11ac」かつ「MIMO」対応のWi-Fiルーターとスマホを揃えることがポイント。
自分のスマホやパソコンのリンク速度が、100Mbps以下と表示されていたら、Wi-Fiルーターもしくはスマホを交換した方がよい。

jiino@newspicks-from-ji.com
  • jiino@newspicks-from-ji.com

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。